トップ / 賃貸物件の家賃は無理なく

給料

賃貸契約を成功させる条件とは

賃貸物件の部屋を借りたい場合は、契約を結ばなくてはなりません。しかし契約するためには、家賃に見合った収入が無ければ、審査が通らなくなるため、給料の明細などを提出することが一般的です。おおよその目安として、家賃は給料の3割までとなり、20万の収入があるは6万円台まで、30万円の方は9万円台までといった具合になります。しかし都市部の賃貸は家賃が高めになるため、そういった物件が見つかりにくい場合もあります。数千円程度のオーバーであれば審査が通らないと言うことはありませんので、トライしてみるのもよいでしょう。

給料で払える家賃設定が大切

新しい住まいを探すために賃貸物件の入居を検討されている場合、気をつけるべきことはたくさんあります。例えば、給料で支払えるだけの家賃を確保できるか、ということも大切なのです。なぜなら、毎月安定した給料を得ることができていても、その分を家賃に回せると確実にわかっていなければ生活が苦しくなってしまうからです。ありがちなのが家賃の他に管理費が発生するケースも考えられますので、最初の段階で必ずチェックしてください。小さい文字で家賃に合わせて記載されている、ということも珍しくはありませんので賃貸を借りる際には注意しましょう。

↑PAGE TOP