トップ / 賃貸の家賃の消費税は

給料

賃貸物件を借りるときと消費税

賃貸物件を借りる場合、毎月一定額の家賃を払う必要があります。時にはその金額が改定され、次第に増額されていく場合もありますが一つ気になるのが消費税の存在かもしれません。実際に賃貸物件を借りるとき、実は家賃の中に消費税が組み込まれているのかどうかと思う人もいるでしょう。実は、以前は確かに組み込まれていたのですが、現在では法律が変わり組み込まれないようになっています。商品を購入するときも外税と内税でよく分からないと思っている人もいるかもしれませんが、家賃に関しては非課税となっているのでそういう点について心配する必要はありません。

不動産と消費税の関係について

賃貸と消費税の関係については、割と深い関係があります。不動産を借りるする場合は当然税金がかかります。消費税だけで稼いだお金の一部はあっと言う間になくなってしまいます。過去5年間で1番税の問題が起きたのは2013年から2014年にかけてです。2014年の4月に増税するという出来事がありましたが、この時増税したのは3%分でした。契約時には家賃が10万円の賃貸物件であれば諸費用だけで60万円ほどはかかります。増税前が3万円だったのに対して増税後は4万8千円になってしまうわけです。そこで、前年の2013年に契約を済ませてできるだけ安く支払いを済ませようとした人が増えたのです。

↑PAGE TOP